FC2ブログ

感写ーPHOTO

今、この瞬間の風景を残しておきたい・・・二度と撮れないかも知れないから。

前期高齢者「秋田駒ヶ岳 1,637m」山散歩

初めのプランは蓮華温泉から小蓮華経由で白馬岳を計画していたが、台風の影響で悪天候が予想され、プランBの秋田駒ヶ岳・森吉山に変更。なんと秋田駒ヶ岳バスターミナルに着いてみたら頂上付近だけ厚い雲の中。8合目小屋は濃霧に風・・・只の登山なら問題なしだが写真撮りには最悪。確かに高山植物は豊富にみえるが6月下旬から7月が旬なんだろうなぁ〜〜。本峰の男岳(おだけ)1,623m 女岳(めだけ)1,512m 男と女を足して男女岳(おなめだけ)1637m おもしれぇ〜〜〜。こんな悪天候でも初老の二人はカメラを出して撮りまくっていました。明日、森吉山がある・・・という甘い考えが頭を過ぎる。森吉山山麓のホテルに宿泊・・・朝、多少雲はあるが晴れしかし風が強い。嫌な考えが現実に・・・ゴンドラ運行中止。ギャハ〜〜〜新潟から7時間もかけて来たのに。「山は動かず」またの機会に来れば良い。頂上まで後20分という所で諦めて帰って来たこともあるし、悪天候で3日間停滞して結局帰還したこともある。自然の中にあっては全てを受け入れないとやっていけない。
こんな状況でしか撮れないテーマ「雫」

DSCN0842.jpg
DSCN0855.jpg
DSCN0873.jpg
DSCN0780.jpg
DSCN0837.jpg

NikonP7800
スポンサーサイト



前期高齢者 二王子岳(1420.3m)登山

今日は登山日和、残雪を踏みしめながらヘイヘイ・・・フーフー・・・ゼイゼイ 登って来ました。昨年は行けませんでしたがゴールデンウィーク恒例の二王子岳登山を楽しんで来ました。
DSCN0705.jpg
DSCN0668.jpg
DSCN0697.jpg
NikonP7800

今年初めての登山・・・五頭連峰

今日は雲一つ無い快晴、仕事は休み、こんな日に山に行かないなんて後悔するだけ。それに昨年9月に朝日連峰に行ってから登山に行っていない。多分、明日から暫く筋肉痛に悩まされるだろうな。
1枚目「五頭山本峰から菱ヶ岳」2枚目「足跡」3枚目「雪海」

DSCN0599.jpg
DSCN0592.jpg
DSCN0564.jpg
NikonP7800

登山パートナー&Photographer Y氏

10代から始めた登山・・・結婚を機に冬山・ロッククライミングを止めた小生をある切っ掛けでフライフィッシングの道に導き・・・又登山の道に戻してくれたY氏。いつも先頭を行く小生を撮り続けている。小生が速いから先頭になっているんじゃないんですよ。遅い小生をストックで突く為に後ろにいるんです(笑)。彼もカメラ好きで知識も豊富なのに撮った写真を公開しないというポリシーというか頑固なんですね・・・良い写真撮っているんですよ。私のFacebookの冬山を登っている画像は彼が撮影しています。今回、小生が良いな〜〜と思った多くの画像から2枚を本人の許可を取って掲載します。いずれも小生を後ろから撮ったモノです。1枚目・朝日連峰 登り始めの樹林帯。2枚目・小朝日岳から大朝日岳への道
DSCN2244.jpg
DSCN2313.jpg
NikonP7700

朝日連峰点描 霧氷・紅葉 (弐)

早朝、大朝日小屋から頂上へハイマツに霧氷が付き白の世界、悪天候の中登って来た甲斐がありました。もし晴天なら陽が出たら溶けてしまいますからね。標高1500m位まで紅葉が下りて来ているようです。これからが楽しみですね
DSCN0434.jpg
DSCN0418.jpg
DSCN0452.jpg
DSCN0480.jpg
NikonP7800

前期高齢者・・・朝日連峰を行く(壱)

Y氏と10月13日から1泊2日小屋泊で朝日連峰・大朝日岳1871m)へ行って来た。この山に初めて登ったが中学2年・単独で朝日連峰を全山縦走したのが高校2年。今回3回目の挑戦・・・初日はガスと強風に悩まされ、体感温度は下がり最悪。足が前に出ない、そりゃ10代の時に比べれば体力は格段に落ちている。登山に関しては「根拠の無い自信」があったが、今回は参ってしまった。小屋の室温は氷点下・外気温は-4度・・・この状況が次の日面白い情景を見せてくれた。これは(弐)でご紹介します。
DSCN0505.jpg
小朝日岳から大朝日岳を望む

DSCN0388.jpg
ダケカンバと紅葉

DSCN0399.jpg
熊越〜銀玉水の紅葉

P7800 レンズが曇り上手く撮れていません悪しからず

前期高齢者・・・久し振りの五頭山登山トレーニング

今年の夏は暑かったし、雨模様の天気が続いた。久し振りに五頭山登山へ行って来た。どれが本格登山でどれがトレーニング登山なのか!?青春時代は2000メートル越え2泊3日以上、計画・準備をして「よし!!!登ったるぞ〜〜」というのが本格登山。今はバリエーションにもよるが「気合い」が必要になってきた。昔は五頭山は丘登りという感覚だったが、今では登山である・・・経験豊富でも体力が付いていかなぁ〜〜〜。
DSCN0323.jpg
DSCN0326.jpg
DSCN0328.jpg
NikonP7800

前期高齢者・・・二王子岳頂上青春の門に立つ

元気が良い前期高齢者の小生とY氏・・・今日久し振りにホームグランドの二王子岳へ行って来た。高山植物も端境期で撮るモノもあまりない。それに生憎のガス掛かりの曇り空、涼しかったですけどね。昔は登り3時間30分位の亀歩きだったが今日は4時間も掛かってしまった・・・子亀登りですね。驚きは下りに登りと同じ時間が掛かってしまった。もう歳なのかなぁ〜〜そうじゃありません。それだけ自然を堪能してきたということです。タイムレースをしてる訳でも無いしね。大自然に囲まれながら、これからの健康のために体力をつける。これが我々の流儀・・・・(笑)
大した写真は撮れませんでしたがご覧下さい。DSCN0287.jpg
DSCN0290.jpg
DSCN0226.jpg
DSCN0247.jpg
Nikon P7800

川内山塊を歩く

友人と中学三年生以来の川内山塊入山・・・昔は秘境の山塊と言われ矢筈岳を中心に未だ登山道が無く残雪期の今しか入山することができない。今回は登山道がある七郎平山まで行って来たが、標高は低いのに秘境を思わせる山々である。
DSCN0125.jpg
DSCN0183_2016050320301882d.jpg
DSCN0111.jpg
NikonP7800

Nikon P7800 試写

永らく休んでしまいました・・・と言うのも、休日になると大雪もしくは雨模様。そして、3月3日からの新潟同志会の写真展に参加するために写真選定に忙しかった為です。長年使用していたNikonP7100のズーム不調、登山カメラとして大活躍をしてくれました。NikonP7700はファインダー無しで敬遠・・・電子ビューファインダーとは言えファインダーの付きのNikonP7800にしました。ファインダー無しのカメラはカメラじゃないと言うのが小生の持論。カメラモニターを見ながら手を伸ばして写している姿を見ると違和感を感じる爺さんなんですよ。2月10日久し振りに晴れたのでNikonP7800の試写をしてきました。併せて新潟同志会の写真展のご案内を申し上げます

同志会カード裏表


DSCN0044_201602132252342d4.jpg
P7800

DSCN0050.jpg
NikonP7800

DSCN0071.jpg
NikonP7800